自転車2年生日記

自転車や趣味などの出来事を気まぐれでのせます。

フジヒル前に和田峠に行ってみた(リベンジ)


フジヒル一週間前の日曜日。


ロングを走ろうかどうしようか?悩みながら自転車の点検をして、、いた、、ら?


空気入れをノズルに装着した瞬間から


「シュ~~~~~」


装着が甘いのかな?再度装着しなおそうと外しても音がしております、、、、


ノズルの根元の部分から音が、、、


パンクです。まあ、ライドに行く前に気が付いてよかった。点検大事ですよね。


さっそく修理開始。



修理をしながら今日はロングはやめて、近場で峠をチョイスすることにしました。


思いついたのが「和田峠」です。


某サイトでは都内の激坂四天王の称号を持つ峠です。


自転車を乗り始めて4か月したころ無謀にもこの峠に挑んであえなく敗退した思い出があります。


あれから1年。自分はどれだけ登れるようになったのだろう?


そもそもフジヒルも初参加。完走できるかもわからない中、脚試しを兼ねてリベンジしに行くことにしました。


浅川サイクリングロードに入り、八王子市役所を目指します。


天気がいいので記念撮影を、、、


ん?




( ,,`・ω・´)ンンン?



ボボボーボ・ボーボボ ボトルが


なんじゃコリャ~~(# ゚Д゚)


なんで気が付かなかったんだっっっ! この違和感に!


ボトル無いっ!


(本日のライドを終えて帰宅したら、キッチンで寂しそうに留守番をしていました。)


八王子区役所近くから人馬街道に入り西を目指します。


この郵便局色が好き。レトロでいい雰囲気を醸し出しています。田舎の郵便局といったかんじです。


入口に到着。(入口に着くまで少し登りでした)


やっぱ雰囲気があります。


序盤から中々の斜度ですが、まだまだ余裕がありますので写真が取れます。


一年前に敗退した場所を通過、、、(半分位まで登れたからいいかと思っていた)


この程度の所で敗退するなんて一年前は全然ダメダメだったんだなぁとゆうことがわかりました。


あの当時はこの時点で心拍も190近く限界、かなりパワーを出力していたのですが、今の自分はまだ160ちょい超えたところで余裕があります。


数百メートル進んだところで、本当の激坂が姿を現しました。


ウ、ウソ~、か、壁ぇぇぇぇぇ。ナニコレぇぇぇぇぇ。


カメラ、、、無理っ! 手を離したらバランス崩をしてひっくり返るっ。
サイコンの斜度表示は18~22を示しています。


ギ、ギアをインナーローに落としま、、、


もう落ちてるゥゥゥゥゥヒィィィィィ


必死に耐え登りますが、一向に先が見えません。


ヤバイ、前に敗退した場所なんでまだ序盤もいいところ。ドラクエに例えるとやっと船を手に入れたあたりです。デンジャーゾーンと思っていたところはまだ平地だったと思わせる位のショボいところだと実感します。


そして、、、思考停止、、、


修行僧が禅を組むかの如く邪念を払い無心で脚を回し続けます。


うぅ、腰が痛くなってきた。急な山道をひたすら登るとこんな感じですよね?


いつまで続くの、この坂?


脚がもたなくなったらどうしよう、、、


絶景見えないなぁ、、、


水のみたい、、、


アンパン食べながら登ったらどうなるのだろう?


アンパン落としたら転がり落ちて、、、穴にストンとおちてネズミが


邪念だらけwwwwww


そして、和田峠制覇!(*'▽')


激坂四天王の名は伊達じゃなかったです。


残る四天王はは前に車で行った「風原林道」のみです、、、5年生位になったら挑戦しようかな、、、


峠の茶屋で休憩しながら携帯で地図を見ると相模湖側に抜けられるらしいです。



裏和田峠は坂はそこまで急ではないようですが、結構距離があります。
そして絶景もあります(*'▽')


帰りに和田峠の写真撮ることをすっかり忘れて反対側を下り相模湖へ。


天気もよい為観光客が多かったです。

ここに来たらやはり次は、、、ゼブラですね!

このお店はサイクリスト御用達のお店で、店内にもラックがあり自転車を目に見えるところに置く事ができます。おしゃれカフェでもあり車で来店する人も多く休日はいつも混んでいます。

カロリーはすごいことになるから見ないことにしましょう。