自転車2年生日記

自転車や趣味などの出来事を気まぐれでのせます。

GWライド2/3 初ヤビツ峠

2018年5月4日
自転車乗りの聖地ヤビツ峠にチャレンジです。
前日夜になるまで何処に行くか決めておりませんでした。
毎回江ノ島ではさすがに飽きてしまいます。
センチュリーライドも一カ月切りましたし、距離走るか、負荷をかけるかどちらかをしないと不安です。



どうし道から富士山へが第1に浮かびましたがGWなのでめっちゃ混んでそうです。車、電車、人、、、脳内会議で反対多数で


( ゚Д゚)却下!     となりました。


富士ヒルクライムもエントリーしており試走したかったなぁ〜、、、ん?、まてよ‼️


富士ヒルはヤビツ峠の倍位のタイムと聞いた事があります。
ヤビツ峠、、、自分がどれ位走れるようになっているか調べる良い機会です。


ヤビツ峠に決定です!


とゆう事で久しぶりの輪行です。


5時の電車に乗り神奈川県の秦野駅をめざします。7時過ぎに到着。


輪行を解除し自転車を組み立ててスタート地点「名古木交差点」のセブンイレブンで補給します。


駅前はサイクリストがまったく居ませんでしたが、こちらは常時5ー6人は入れ替わりで入っています。


こんな朝早くから自転車で峠を登るなんて、何考えているんですかね〜


自分の事はまったく勘定に入れずにマジでそう思ってしまいました^_^


ヤビツ峠のことはyou tubeで軽く予習しておきました。


①1番キツイ所は蓑毛バス停付近で勾配が10度を超える。


②道がずーっと先まで真っ直ぐに登っていてココロをブチ折りに来る。


③ ①②をクリアしてしまえば制覇したも同然との事らしい❓です。


まぁ、何事も走って見て分かること、時間を確認してスタートです。


イキナリ8度近い坂が現れた⁉️
動画でそんなに急には見えなかったのに、、、
コレがずーっと続いたら相当厳しい。
と、思っていたら200mもいかないうちに終わり。


チョット、ドキドキした、、、


(ちなみに蓑毛を越えるまで写真撮ってませんでしたm(__)m


平坦に近い緩やかな道がしばらく続きます。
だんだん山と緑が近づいてきて斜度があがりはじめ覚悟を決めます。


あ、来たっ、、、
真っ直ぐに伸びた先まで見えない坂が眼前にあらわれ、容赦なく脚をけずりにきます。
事前に知っていなければわたしのガラスのハートは砕け散っていたか、修復不能な傷を負っていたに違いありません。
斜度は10度前後のから落ちる気配はなく、見上げて見ると更に上がりそうな気配です。


序盤でコレデスカ!


スピードは12キロ程度をキープしつつ、無心でペダルを回します。


ギアも後半に向けて残しておきます。


上がる呼吸を制御しペダルの回転とリンクさせリズムをとるように進みます。


なんか今日は乗れてる気が、、、
ぜんぜん耐えられるし、、、


小蓑毛の鳥居を超えて蓑毛バス停過ぎ迄がヤビツ峠の1番キツイ所に差し掛かりサイコンの表示は13度前後を指してます。


確かにキツイ、、、でも、思っていた程ヤバい気はしないような、、、


脚の疲労を貯めないよう、体力が終わらないようダンシングとシッティングを織り交ぜます。


ダンシングもいつもより、違和感なくシックリとした感覚です。


何気にまだ余裕もあります。


当たり前ですが、初めて行く峠ですので、何だかんだで安全マージンを取って8割程度のパワーので余力を残すイメージですが、それが逆に体の力が抜けてよかったのかと思います。


身体がレッドゾーンに突入する前に抜けることができたようです。


1番キツイ所を抜けてたので「後は楽のはず」です^_^
と思っていましたが、、、


そこから先はまだまだ長かった、、、(-。-;はい


まあ、蓑毛程の斜度はありませんでしたが、初コースだった為先がどれくらいあるかわかっておりません。
どこまでも続く坂道、
私はこちらの方でハートが砕かれそうでした。


しかし、走行に木々の合間からは絶好のロケーションが広がっております。


天気は快晴、南側は海の方、西側は時折富士山が顔をだします。


せっかくここまで来たのだから足は付きたくありません。
背中ポケットからかめらを取り出しバランスを体幹でうまく支えながら写真を撮ってみました。


峠は乗り越えた達成感と、この絶景ご褒美があるから貧脚の私もやめられません。


ゴール!!
タイムは57分19秒と、一応初心者レベルはかろうじて抜けたかな?といった感じです。

余力を残しつつ走っていたので、ちゃんとしたタイムアタックしたら数分は縮められそうですね(^_-)-☆


自転車を道路脇に寄せたところで、路線バスが到着。登山と思われる方々が大勢降りてきます。こんないい天気に登山も最高でしょう。



休憩を終えて裏ヤビツを下ります。途中にキャンプ場もちらほらとあり、賑わっております。


きれいに整備されたキャンプ場で良さそうです。
宮ケ瀬湖まで降りダムを目指します。


ダムになる前は道が続いていたのでしょう。


宮ケ瀬ダムも観光スポットなのでしょうか?駐車場待ちが結構な台数でした。


眺望いいなぁ~


高い!



どうやらアレで下に降りることができるようです。


ダムカレー食べたいなぁ~(お店はまだ空いていないようです)


自転車で乗って通行することは禁止ですが、降りて歩く分にはOKとの事です。
ダムを抜けて10分も程度で次の目的地に到着。


オギノパン!


まだ、10時過ぎたばかりなのにめっちゃ混雑しています。
ここに来たらコレを食べないと犯罪者になりますよ!


御馳走様です(⋈◍>◡<◍)。✧♡
家族の分もお土産に買いました。
このまま帰ってもよかったのですが、走行距離を見たら 47Km、、、
少ない、もうちょっと走っておきたい。
通常なら橋本方向を目指すのですが、どうし道を目指します。
ですが、、、すごい渋滞です。どうし道の入口から先を見ましたが、ずっと渋滞が続いております。恐るべしGW、、、これは快適に走れる気がしません。
更に北上し相模湖方面へ。
案の定、相模湖へ近づくにつれて渋滞が発生。わき道から大ダルミ方面に抜けます。
相模湖方面へ行く道路は渋滞でしたが、高尾方面へ行く登りはガラガラで快適です。


そのままヒルクライムに突入しましたが、、、なんか楽すぎる(笑)
ヤビツとは全く比較になりません! 
これってアレですか?


フッ、聖闘士に同じ技(斜度)は通用しない! 


小宇宙に目覚めてしまったようです!!


タイム計測するの忘ちゃったけど楽々クリア。


峠のおかわりって、ネジが外れたり緩んだりしたし手遅れになったローディーの話ではよく聞きますが皆さん自覚症状がないからであって、自分はまだ自覚症状があるから大丈夫です(⌒∇⌒)
お土産買ったの忘れててあわてて帰りました。


ルートはこんな感じでした。